日系人関係
プロフィール
アルベルト 松本のプロフィール.
スペイン語の翻訳&通訳サービス等について 「会社案内&事業内容」
記事
アルベルト松本の著書
アルベルト松本の記事やエッセー
スペイン語情報誌「MUSASHI」
日系人関係
アルゼンチン、中南米と日本
スペイン語通訳プラザ
イベント&新刊書案内
会社案内&事業内容
合資会社イデア・ネットワークの会社案内
2015年5月現在、13回目の増刷になりました!24,000部になります。
  ありがとうございます!
リンク
 
 
 

実現薄いバイリンガル教育

定住化する日系人就労者の家族も増え、その子弟への教育ニーズの中には母語教育(ポルトガル語やスペイン語での教育)がいる。以前中南米諸国に移民した日本人たちが子弟に日本語教育を受けさせたように、今日本で生活している日系人たちはスペイン語やポルトガル語教育にも関心が高く、一部の地域では私塾が開催され中にはほぼ学校としての機能も持ちつつものもある。全国にブラジル学校が50校以上あり、スペイン語が5校ぐらいだとされている。しかし、メインの教育は正規の日本の学校でなければならないにも拘わらず、ブラジル人子弟の3割(学齢期に達している3万人の内1万人)が不就学・未就学状態になっている。日本の教育環境に適応しないことや学校でのいじめなど理由は様々であるが、子弟の親御さんたちの意識と認識の低さがもっとも大きな問題だと指摘せねばならない。日本での出稼ぎを安易に思い、子供の教育をも含めた人生設計やその覚悟がみられないため、子供への理解も愛情も不十分で、何か問題が発生すると「ブラジル学校に入れる、又はどうせブラジルに帰るのだから」と言って対応してしまう側面が問題を複雑にしている。こうした私塾は青少年の非行防止策の役割も担っていることも否定できず、社会的な役割は果たしていると言えるが、学校としての教育機関の役割は到底不十分であり、日本での高等教育進学にも本国での編入にも例外を除けばあまり役に立っていないのが現状である。

スペイン語情報誌「MUSAHI 」No 49 2005年8月?12月号
c J.Alberto Matsumoto-IDEA NETWORK


 
 
 
日系人関係目次ヘ
日系人関係トップペ−ジヘ
アルゼンチン、中南米と日本の関係の目次ヘ
トップペ−ジヘ
   
   
本ホームページは合資会社イデア・ネットワークの著作権に属します。
(c) Copyright by IDEA NETWORK
〒223-0055 横浜市港北区綱島上町83-1-104
(c) Derechos reservados a IDEA NETWORK Soc. en Comandita.
Tsunashimakamimachi83-1-104 Kouhoku-ku Yokohama-shi Kanagawa-ken JAPON(Codigo Postal223-0055)
Tel & Fax:(81) 045-544-0192 E-mail: ideamatsu@icloud.com albertomatsumoto@yahoo.co.jp
Web construida por PROMEDIA