スペイン語情報誌「MUSASHI」
プロフィール
アルベルト 松本のプロフィール.
スペイン語の翻訳&通訳サービス等について 「会社案内&事業内容」
記事
アルベルト松本の著書
アルベルト松本の記事やエッセー
スペイン語情報誌「MUSASHI」
日系人関係
アルゼンチン、中南米と日本
スペイン語通訳プラザ
イベント&新刊書案内
会社案内&事業内容
合資会社イデア・ネットワークの会社案内
2015年5月現在、13回目の増刷になりました!24,000部になります。
  ありがとうございます!
リンク
 
 
 
月刊スペイン語情報誌「MUSASHI」
2002年07月-第30号

- 住宅:賃貸それとも購入?

- パートタイム労働者も有給休暇を受給できる

- 同じ国籍の外国人夫婦は「協議離婚」はできない

- 雇用保険料がまたアップ

- 日本の公務員数

住宅:賃貸それとも購入? 本誌でも数回にわたってマイホーム購入の注意事項や準備について触れてきたが、日系人たちの相談内容から見ると相変わらずしっかりした計画と認識が欠けているような気がしてならない。購入してから税金の負担や修繕費の積み立てについて相談が多い。また、購入前に賃貸との比較検討を冷静に行っていないことが多い。公営(県若しくは市の)住宅に住んでいる場合家賃はかなり安く維持費もあまりかからないのが現状である。そして多少無理をしながらも購入するとそれまでとは違った負担が毎月かかることに気付く。一方、地区7年から10年ぐらいの中古マンションを購入するというイニシアチブもみられる。価格が2千万円ぐらいで頭金3百万から5百万で購入し、20年ぐらいの健全なローンを立てるものもでてきている。一般の日系人就労者の平均収入及び家族構成からみると後者の方が非常に現実的である。

パート労働でも有給休暇はある 日系人の中でも特に女性の場合はパート労働が多い。最近は加工食品業や清掃業などでも4?5時間のシフトでピーク時に集中的に労働者を投入するということが多い。パートなのかアルバイトなのか契約形態がはっきりしないことも多いが、パート労働者にはパート労働を規制する特別な法律があるということをほとんどが知らない。ブローカー経由で働いている多くの日系人は当然ながら有給休暇等を取得したケースはほとんどみられないようである。週又は年間の就労日数に応じて有給休暇は取得できるのである。

 

雇用保険料が10月から引き上げられる 労働政策審議会の提言に基づいて厚生労働省は今年の10月から雇用保険料を0.2%引き上げることに同意した。昨年の4月に0.8%から1.2%に引き上げられたばかりであるが、失業率が悪化していることによって雇用保険の給付受給者も増えていることに対応するためであると指摘している。  

日系人の場合、多くが社会保険に加入していないが雇用保険には最近加入率が高まっていると報告されている。これはブローカーもその方が安心して休業補償を払わずに次の仕事を紹介することができるからである。

 

 
 
VISITAR OTRAS CATEGORIAS
スペイン語情報誌「MUSASHI」のトップヘ
スペイン語情報誌「MUSASHI」の目次へ
トップページ