スペイン語情報誌「MUSASHI」
プロフィール
アルベルト 松本のプロフィール.
スペイン語の翻訳&通訳サービス等について 「会社案内&事業内容」
記事
アルベルト松本の著書
アルベルト松本の記事やエッセー
スペイン語情報誌「MUSASHI」
日系人関係
アルゼンチン、中南米と日本
スペイン語通訳プラザ
イベント&新刊書案内
会社案内&事業内容
合資会社イデア・ネットワークの会社案内
2015年5月現在、13回目の増刷になりました!24,000部になります。
  ありがとうございます!
リンク
 
 
 
月刊スペイン語情報誌「MUSASHI」
2002年06月-第29号

- 住宅金融公庫廃止のローンへの影響

- 高卒大卒の就職率低下と雇用不安要素増加

- 非正規雇用やパートも税金や社会保険を負担 - レポート1:「日系人就労者等-調査結果」  (財)産業雇用安定センター

- 別居が自動的に離婚にはならない

- 相談事例 - FABEX WORLD 2002  レポート  

- レポート2:「外国人医療の実態調査」  

NPO フロンティアとよはし - レポート3:「在日外国人医療相談に携わって」  

AMDA国際医療情報センター

- 住宅金融公庫廃止のローンへの影響:5年以内に住宅金融公庫が廃止されることになるが、ここ数年の間30?35年の長期ローンで一戸建て若しくはマンションを購入した一部の日系人就労者たちも条件が維持されるかどうかについて懸念している。いずれにしても、可能な限りローン期間を短縮したり将来の負担を軽減することが望ましいとアドバイスしている。

- 高卒大卒の就職率低下と雇用不安要素増加 :指定子弟の教育が大きな問題になっている日系人たちも高大卒の就職率が低下していることで何を勉強させたら良いのか戸惑いを感じている。最近は大卒でも契約社員という就労形態が増えていることで安定した雇用が少なくなっている。

- 非正規雇用やパートも税金や社会保険を負担:パートやアルバイト等の非正規雇用者の社会保険加入率があまり高くないことや学生の国民年金の未加入率が低くなっていることが報道されているが、日系人を含む外国人労働者もこのような雇用形態(7割以上が無許可の派遣会社を通じて雇用されている)に属しているので社会保険への加入率が非常に低い(雇用主の脱法行為もこれを助長している)。所得税は徴収されていることが多いが、決して徴収額が国に納められているとは限らないようである(年末調整や源泉徴収票発給の際トラブルが未だに耐えない)。

- レポート1「日系人就労者等-調査結果:(財)産業雇用安定センター

- レポート2「外国人医療の実態調査」NPO フロンティアとよはし

- レポート3「在日外国人医療相談に携わって」:AMDA国際医療情報センター  これらの内容に関心がある場合は各機関団体に問い合わせてください。

- FABEX WORLD 2002:日本食料新聞社の主催で「第5回"惣菜・弁当・外食の専門展"が4月に開催された。その際、JETRO-日本貿易振興会は「中南米・カリブの新食材」をアピールするためにブースを出した。サンプルの食材を展示するというだけではなく、国別又は複数の国の食材を使用して来場者が試食しやすいように発送豊かな多くのメニューを提供した。こうした試みは中南米諸国の輸出業者や生産者に大きなチャンスを与える可能性があるので本誌でも大きくスペイン語で取りあげることにした。本記事には、JETROの貿易開発部対日輸出課の皆さんに取材させていただき心から感謝する。  

http://www.nissyoku.co.jp

http://www.jetro.go.jp

 
 
VISITAR OTRAS CATEGORIAS
スペイン語情報誌「MUSASHI」のトップヘ
スペイン語情報誌「MUSASHI」の目次へ
トップページ