アルゼンチン、中南米と日本
プロフィール
アルベルト 松本のプロフィール.
スペイン語の翻訳&通訳サービス等について 「会社案内&事業内容」
記事
アルベルト松本の著書
アルベルト松本の記事やエッセー
スペイン語情報誌「MUSASHI」
日系人関係
アルゼンチン、中南米と日本
スペイン語通訳プラザ
イベント&新刊書案内
会社案内&事業内容
合資会社イデア・ネットワークの会社案内
2015年5月現在、13回目の増刷になりました!24,000部になります。
  ありがとうございます!
リンク
 
 
 

国内外のハネムーン行き先:ポイントは二人だけの「空間」

(会報Argentina 第44号、2004年4月-(社)日本アルゼンチン協会)

  昔はハネムーンといえばアルゼンチンのスイスとも呼ばれているバリロチェだったが、今は二人だけで過ごせる湖に沿ったログハウスとか、静かな場所が好まれている。同じバリロチェでも周辺のサンマルティン・デロス・アンデスやビジャ・ラアンゴストゥーラ等の隠れ家的なスポットが人気を集めている。もちろん、イグアスの滝も人気を保ってはいるが、神秘的で二人だけの「空間」を求めるカップルが増えている。
  海外行きのトップはブラジル北東部の美しいパラダイスのようなビーチである。予算にもよるが、後はイタリアのヴェネッチア、フランスやギリシア等が入っている。ニューヨークで買い物をしてカナダのナイアガラの滝コースというのも相変わらず人気があるが、変わったエキゾチック的な内容としては、南アフリカ、カリブ海(主にキューバやジャマイカ)、ポリネシア(タヒチ、ボラボラ)等である。南アフリカではサファリ体験もあるが、インド洋に面した島に泊まるのがちょっとしたブームになっている。
  ただ、比較的近場にも神秘的で変わったところはある。一つは、コロンビアのバリチャラというところであるが、遺跡のように石だけで作られたユニークな街である。もうひとつは、チリのアタカマ砂漠にある「エクスプローラ」という高級ホテルで、標高2400メートルで特別な環境(周囲には何もない山岳砂漠地帯)とムードで、一流のワインと多国籍料理が堪能できる。
 
◇参考:
●Barilocheは、飛行機で7日間、周辺のサンマルティンデロスアンデス等のツアーパックだと宿泊費込みで650ペソである(高速長距離バスだと470ペソ)。
●ブラジル北東部のビーチPipaやNatalは、10日間で飛行機代及び宿泊費込みで700ドル。その他海外は一般的に1000ドルから1500ドルぐらいであるが、ホテルの星数やシーズンにもよる(平均2千ドル)。ブラジルには新婚カップル用のパッケージが多く、ホテルの施設も充実したサービス内容もすべてカップルがゆったり甘い雰囲気を味わえるようにセッティングしていると好評である。

(C) 松本 J. アルベルト

 
 
 
アルゼンチン、中南米と日本の関係の目次ヘ
アルゼンチン、中南米と日本のトップページへ
トップペ−ジヘ