アルゼンチン、中南米と日本
プロフィール
アルベルト 松本のプロフィール.
スペイン語の翻訳&通訳サービス等について 「会社案内&事業内容」
記事
アルベルト松本の著書
アルベルト松本の記事やエッセー
スペイン語情報誌「MUSASHI」
日系人関係
アルゼンチン、中南米と日本
スペイン語通訳プラザ
イベント&新刊書案内
会社案内&事業内容
合資会社イデア・ネットワークの会社案内
2015年5月現在、13回目の増刷になりました!24,000部になります。
  ありがとうございます!
リンク
 
 
 
SALTA サルタ 雲に一番近い町?

荻村 昌代(会報Argentina 第44号、2004年4月-(社)日本アルゼンチン協会)

サルタは首都ブエノス・アイレスから約1600kmのアルゼンチン北部に位置します。地名の語源はアイマラ語で「とても美しい」を意味する。コロニアル時代の建物、伝統的な郷土料理、フォルクローレの町。そして有名な観光列車「雲の上列車」は、世界各国からの観光客を魅了しています。今回は実際に旅した際の旅行記をご紹介致します。

雲の上列車(El Tren a las Nubes)紀行 

朝7時5分、外はまだ薄暗い中、海抜1187mのサルタ州の州都サルタ市から出発。駅にはコカの葉、ガム、フィルムなどを売る現地の人々が集まっています。列車は全席指定、10両編成で512人乗れるそうです。各車両にガイドさんが1名付きます。時々流れる車内放送は、スペイン語の他、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、英語。ヨーロッパからの観光客が多く見受けられます。車両の1つは「郵便局車両」で、標高4000mを通る列車等の絵葉書、封筒、きれいな切手も売っていて、投函ポストまであります。スナックや飲物を売る売店車両や食堂車もあります。

列車はスイッチバックを繰り返しながら上へ上へと進んで行きます。29の橋、21のトンネル、2箇所のジグザグを通ります。最初のジグザグ地点では、54mの高さをたった900mの距離を走行し上ります。標高2000m位までは車窓からサボテンが沢山見えますが、それ以降は草が見えるだけになりました。時々ワゴン車で上まで目指す人を見かけます。列車と自動車両方で手を振り合っています。

停車する駅に人影はありません。高度が上がるにつれ、遠くに白っぽい動物を見かけますが、アンデス域で有名なリャマのようです。

San Antonio de los Cobres駅に停車。外は風が強く、空気が乾燥しています。標高3774m、富士山の頂上と同じ位の標高のこの地域に4000人もの人が住んでいるというのには驚きます。多くのインディオ系の人々?大人も子供も?手に手にリャマの毛で手作りしたと思われるセーターやチョッキ、靴下、帽子、ショール、人形、石で作った彫刻等の民芸品を持って現れてきました。チョッキ15ドル、人形1ドル、布袋2枚18ドルを買いました。

11時頃から食堂車が開きました。予約をした人は指定された時刻に食堂車へ行きます。ランチは11ドル。グリルチキン、フライドポテト、ミックスサラダ、パン、サルタ風エンパナーダ2個、にコーヒー(又は紅茶)とお菓子が付くフルコース。結構美味しかったです。

最高地点の鉄橋は標高4220m。その手前で停車し外に出ました。高地なので寒い上、風が強いのです。ここでもインディオ系の住民達が民芸品を売りにまた集まってきました。

列車には大きな酸素ボンベも搭載されています。4000mを超えると普通の人は頭が痛くなってくるので、酸素を補給したい時はボンベのある車両へ行き、数分吸わせてもらうわけです。実はこの列車には医師も看護師も乗務しています。

最終地点から列車は往路を下っていきます。乗客が退屈しないようにと、民族衣装をまとったフォルクロ?レのグループ達が度々車両を回って演奏してくれます。

サルタ駅に戻ったのは夜中の0時。定刻は22時だそうですが遅れました。長い一日でした。

サルタの自然風景を楽しむこの列車の旅は、一度参加してみる価値はあると思います。こんなにも乾燥し薄い空気の高地にも、列車が通り、駅があり、そして人々が住んでいて観光客相手の商業活動が営まれていました。南米のパリと称されるブエノス・アイレスとは180度異なるこの地も、同じアルゼンチンの町の一つでした。

●雲の上列車インフォメーション 
  出  発:07:00    帰  着:22:00
  所要時間:約15時間 走行距離:219km
  予  約:1ヶ月前まで

サルタの代表的な郷土料理 サルタに滞在したら是非お試しあれ!

*Saltena サルタ風エンパナーダ

大きめに切ったひき肉、ジャガイモ、たまねぎ、ゆで卵、干しブドウ、などをコショウや産物であるクミンで味付けしたジューシーなエンパナーダ。サルタでは30年以上前から「サルテーニャ・コンテスト」が行われている。

*Humitasウミータ 

サルタを代表する産物とうもろこしで作ったパンケーキのようなもの。挽いたとうもろこしにバジル、牛やヤギのチーズ、豚あぶら、砂糖、唐辛子などを混ぜ、とうもろこしの皮に生地を包みゆでる。非常に甘くして食べる人もいる。

*Locro  ロクロ
  主に冬に食べるシチュー。とうもろこし、黄色いかぼちゃ、インゲンマメ、牛肉、豚骨等を煮込んだもの。日本人の口に良く合う。レストランでも安く食べられ、身体の温まる食べ物。

*Tamales Saltenasサルタ風タマル

とうもろこしの粉の生地にひき肉や野菜、調味料、ゆで卵などを混ぜてとうもろこしの皮に包んでゆでたもの。  (C)OGIMURA M.

■お役立ちサイト紹介

サルタ州政府観光局:http://www.turismosalta.gov.ar/index.asp
雲の上列車: http://www.trenubes.com.ar/
アルゼンチン政府観光局:http://www.sectur.gov.ar/eng/menu.htm
ラ・ベロス・トゥリズモ:http://www.lavelozturismo.com.ar/

 
 
 
アルゼンチン、中南米と日本の関係の目次ヘ
アルゼンチン、中南米と日本のトップページへ
トップペ−ジヘ